看護師 求人 大阪

MENU

今思えば、看護師ってあこがれの職業だったなぁ。

 

小さい頃、先生が
「将来の夢をスケッチブックに書いてくださーい」
なんていうと、
いっつも頭が真っ白になって、
思いつかないでいました。

 

周りのお友達は、
ケーキ屋さん、だとかお花屋さんだとか
男の子は野球選手や警察官・・・

 

私が純粋でなかったのか
それほど知識がなかったのか

 

どっちもなんだろうけど
なにしろ、なーんにも出てこなかったのを覚えています。

 

それから時が経ち、
たしか中学2年の時だったと思うのですが
風邪をこじらし、入院したことがありました。

 

それまで、普段は問診などの短時間でしか接触することのなかった
看護師さんが1日中お世話をしてくださるわけです。

 

最初は照れていた私も、
引き込まれていくような、その笑顔と優しさに
すぐに慣れてしまい、
気付けば、看護師さんとお話するのがとっても楽しく、
看護師さんが来るたびに嬉しくってドキドキしたものです。

 

そのとき、はじめて看護師という職業にあこがれをもちました。

 

そうして、今、看護師として現場で奮闘しているわけですが
現実はあこがれと違って、精神的にも体力的にも
大変なお仕事です。
今でも挫折、挫折の繰り返しですが
看護師にあこがれたあの日のことを思い出すたびに
負けていられない、という気持ちが前向きにさせてくれます。

 

看護師とは?
と聞かれると、到底答えることのできないぐらい
すっごく難しい質問だし、
まだまだそれを答えられる器ではないのですが
元気のない人が笑顔になった瞬間を感じたとき
看護師をやっててよかったと心から思えるんです。